リフォームを行う

築年数が経ってしまった物件をリフォームすることで、買い手や入居希望者がつくことがあります。
リフォームをお考えの方はぜひご相談ください。

賃貸物件をリフォームする必要性

規模にもよりますが、リフォームを行うには決して安くない費用がかかります。そのため「出来る事なら今の状態のまま借り手がついてほしい」と思う方もいらっしゃることでしょう。そんな方に向けて、ここでは賃貸物件をリフォームする必要性についてご紹介します。

リフォームの必要性は物件の人気・価値をあげるため

当たり前ではありますが、物件は人気があり価値が高いものから順に借り手がつきます。つまり、リフォームの目的は物件の人気と価値を底上げし、借り手がつくようにすることといえるでしょう。リフォームで費用がかかったとしても、借り手がみつかればその間の賃貸収入は確保されます。長期的にみた場合、物件のリフォームは賃貸経営を安定させるために必要なものと考えられます。

リフォーム前に物件の魅力を考える

物件にリフォームが必要だと判断した場合、周辺の人気物件やエリアの客層を調べ、それらのニーズに沿った方向性でリフォームするのも一つの方法です。例えば、ペットを飼っている人が多いエリアでは「ペット可」の物件にリフォームする等が一例です。単に物件の内装をキレイにするだけではなく、ニーズやエリアの傾向に合ったリフォームを行うことで、より物件としての価値を引き上げることができます。

賃貸物件をリフォームするメリットとデメリット

物件の人気と価値をあげるのに効果的なリフォームですが、物件によってはデメリットがメリットを上回ることもあります。客観的に見た場合のリフォームのメリット・デメリットを確認してきましょう。

賃貸物件をリフォームするメリット

リフォームを行う一番のメリットは、物件の価値があがり、借り手が見つかりやすくなることです。これまで借り手がまったくつかなかった物件でも、リフォームを行えばたちまち人気物件になるかもしれません。すなわち、リフォームは空室対策になると言えるでしょう。また、リフォームを行った物件は、資産としての価値向上が見込めます。資産価値が上がれば、賃貸条件の緩和といった空室対策を講じる必要がなく、賃貸収入アップにつながるでしょう。

賃貸物件をリフォームするデメリット

真っ先に頭をよぎるのが、リフォームにかかる費用です。費用をかけてリフォームをしたとしても入居者が決まらないリスクも考えられます。また、当たり前ではありますが、リフォームの施工中は部屋を貸し出すことができませんので、その間の賃貸収入が得られません。施工期間が長くなればなるほど、収入が得られない期間も長くなることを念頭におきましょう。

リフォームの相談は弊社にお任せください

弊社では不動産の仲介業務だけではなく、リフォームにおいても多くの実績があります。業界18年の知識と経験を活かし、最適なご提案をさせていただきます。物件のリフォームをお考えの方は、ぜひ弊社までご相談ください。